ゴルフスコア100切り 方向性を良くする為にスパットの決め方を覚えよう

練習場では真っ直ぐ打てていたのにコースに出てみたら
かなり左右に飛び出して行く!!そんな方も多いのでは。

実はそれ単純に真っ直ぐ立てていないだけ
実はナイスショットって事も少なくありません。

ここでは真っ直ぐ目標に決めて打つ方法をご紹介します。

    -----スポンサードリンク-----

スパットって何?

ゴルフ スパット

スパットとは目標に向かって立つ際の目印の事です。

ゴルフ スパット

ボーリングをしたことがある方はこんなマークを
見たことがあると思いますがそれがスパットです。

ゴルフ スパット

このスパットの決め方を間違えていたり
ズレていたりすると、折角のナイスショットが
OBになったりグリーンを外す結果に繋がります。

スパットの決め方

まずゴルフボールを目標を結んだ後方1mぐらいに立ちます。

ゴルフ スパット

この時、注意したいのが近くに立たない事です。
背の高さにも寄りますが

目標 → ボール → スパット

を決める際に頭を動かす行為
極力辞めた方が良いためです。

頭を動かす行為は目標がズレる原因にもなりますので
できる限り目線のみで目標と
ゴルフボールを見るようにしましょう。

スパットは50cm付近で何でも良い

スパット(目印)自体はゴミでも葉っぱでも
色の違う芝でもなんでも問題ありません。

ここで注意したいのがスパットはゴルフボールから
50cmh付近、出来るなら50cm以内にしましょう。

ゴルフ スパット

これも先ほど同様に頭を動かしたスパットを
確認しないようにする為です。

人は目標に対してアドレスをすると目標が右にあるように見えます。

ゴルフ スパット

これはスパットも同様でボールとスパットが離れていて
頭を動かして確認すると、右にズレている様に感じ
結果として右に打つ事になります。

ゴルフ練習場のマットは1m前後

先ほど50cm付近の理由にはもう一つあります。

それが【練習場のマットのサイズ】
ゴルフ スパット

このマットのサイズはどんなに大きいサイズでも1m50程度です。
例えば真ん中に玉を置いた場合には端まで75cmです。

このマットのイメージをそのままコースでイメージするには
スパットが離れているとかなり難しいです。

その為、極力近い目標物を探しスパットにしましょう。

それでも目標に向けない!そんな方はスパット2個

スパットを決めたけど、どうしても立ちにくい!!
そんな方はゴルフボールの後方にも
同様のスパットを決めて下さい。

ゴルフ スパット

    -----スポンサードリンク-----

コースでスパットにハマる罠

実はスパットを決めた時にズレやすい場所があります。

それが 【ラフ】

ゴルフ スパット

こちらをご覧下さい

ゴルフ スパット

グリーンとゴルフボールを結ぶとこの様になります。

ゴルフ スパット

しかしココにはまりやすい罠があります。

それがラフとフェアウェイの境界線です。

これが非常に立ちやすくそのまま打ってしまう
そんな事が良く見受けられます。

ゴルフ スパット

特にゴルフを初めて間もない方には
多いので注意しましょう。

まとめ

スパットを決めアドレスをしたら真っ直ぐ向けてる!!
そう信じて後は打つだけです。

アドレスをしてから目標を確認すると疑心暗鬼に
なるだけですので、自信を持って打ちましょう♪

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)