これを守れば100切りはすぐそこ!!徹底的にラフを避けてスコアアップ♪

ゴルファーなら上手い下手に関わらず

100切りが一つの目標になる人も多いと思います。

でも105とか110とかで安定してしまって

中々100が切れない・・・。

そんなゴルファーに是非覚えて欲しいです。

    -----スポンサードリンク-----

第2打で距離が出せれば楽になる

ティーショットは決まった場所から打ち

足場や芝の影響はほぼ受けません。

その為、そこでOBが出ても気にする必要はありません

重要なのは第2打目以降

400yのパー4は飛距離の出る人であれば
2打目でグリーンに届く距離だと思います。

しかし届かないプレーヤーはどうでしょうか。

ここで例を上げてみます。

第2打 グリーンセンターまで残り190y
場所はラフからです。

貴方はどのように打ちますか?

ゴルフ

ゴルフ

 

この時グリーンを狙っているゴルファーは
100を切れる可能性があります。

何故100を切れる可能性があるのか?

ラフから打ってミスをした場合には玉は全く転がりません。

それを踏まえた上で画像を見てください。

ゴルフ

分かりますでしょうか?

そうです。
全てラフの上なのです。

では第3打目が150yのラフならどうでしょうか?

恐らくそれでもグリーンに乗る可能性は低いと思います。

更に第4打目が110yのラフならどうでしょうか?

何回に1回は乗るかも知れませんが
乗らなかった場合には再びラフです。

ここで覚えて欲しいのは

急がば回れ

つまり2打目以降で不得意な距離
必ずフェアウェイに向かって打つようにしましょう。

では何故フェアウェイに打つのか?

フェアウェイは玉が転がる

ゴルフ

ラフから打った場合には玉にバックスピンは掛かりにくい
フェアウェイに打つとかなり転がってくれます。

先ほどの例で言えば190yのラフから得意クラブで打てば
ラフとフェアウェイでは10y〜20y前に進んで
次に打つ所は打ちやすいフェアウェイの可能性が高くなります。

勿論反対側のラフに行ったとしても
フェアウェイで転がった結果で
あれば全く問題ありません

まとめ

どうしてもグリーンを狙いたくなりますが
遠回りした方が確実にスコアアップに繋がります。

特に長いパー4やパー5でスコアを崩している方は
是非行なってみてください。

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)