パターグリップ「重さ」の違いによる特徴・距離感 詳細まとめ【ゴルフ初心者100切り】 

前回はグリップの太さによる特徴をまとめましたが

今回は「重さ」による特徴をまとめた記事になります。

他のパターの選び方はコチラ
パターの練習方法はコチラ

    -----スポンサードリンク-----

パターの基本的な重さ

意外と見落としがちなのがパターの重量

軽いパターでは手元が動き易く方向が安定しにくい代わりに
距離感は合わせやすい(あくまで練習している場合です)

重いパターは動きが安定しやすいので方向は安定します。
その分、細かい距離感が鈍感になりやすいのも特徴です。

例えばタオルをクルクル回すのと布団をクルクル回すのでは
タオルの方が簡単だと思います。

それが重さによる操作性で、重い方が操作しにくい分
フェースの向きが安定し方向性が良くなります。

軽いパターと重いパターでは100gぐらい差があります。

たった100gと数字で聞くと大した事が無いですが

ドライバーで重いなと感じるクラブはたったの40gです

軽いパターはインパクトでの衝突力が重いパターと比べて少なくなるので、その分強く打つ事ができる。
重いパターはその逆で軽いパターと比べて衝突力が大きいので小さい動きでボールを遠くに転がせることができるんだ。

軽いパターグリップの特徴

軽いパターグリップの場合ヘッド部分が重く感じ易くなります。

ヘッド側が重くなったパターはフェース面が非常に安定し易く
狙った場所に打つことが容易になります。

またボールへのインパクトが大きいので小さい動きで
ボールをしっかり転がす事が可能です。

しかし下りなどのデリケートなタッチを出すことが難しくなります。

    -----スポンサードリンク-----

重いパターグリップの特徴

重いパターグリップの場合ヘッド部分が軽く感じ易くなります。

その場合には操作性が出てしまう反面
ボールへのインパクトが重いパターと比べ小さくなるので
その分、ボールをしっかり打つことが可能です。

ただししっかり打つ事が出来ない場合には
ほぼショートになりやすく距離感に
自身がない場合にはオススメしません。

下りなどのでデリケートなタッチでは
軽いクラブの方が合わせやすくなります。

オススメグリップの種類

ここに一部のパターグリップを紹介します。
クリックで該当ページに飛びますが、購入はしないでください。

あくまで参考程度に
どういった種類があるのか?
値段はどれぐらいなのか?

その判断に使ってください。

実際に購入するのは店舗をオススメします。
(もしくは店舗で試してからこちらで購入)

商品の最安値を確認する






スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)