パターグリップの太さの違いによる特徴・距離感 詳細まとめ【ゴルフ初心者100切り】 

パターのグリップの太さによる距離感や方向の違い

その特徴などをまとめた記事になります。

    -----スポンサードリンク-----

パターグリップの重要性

プロと違い一般であればパターの練習量は
他のクラブより圧倒的に少なくなりがちです。

しかしスコアに一番直結するのもパターであり
この部分を変わればそれだけで劇的にスコアが安定します。

パターのグリップはその練習の少なさを
補ってくれる可能性も十分にあるので
是非検討してみてください。

ただし、誰かが使ってたから
同じやつを使おう!というのは絶対にやめてください。

必ず試し打ちをしてから、もしくはグリップを握ってみて
手のサイズにしっかり馴染むものを選びましょう。

パターグリップの太さの適正は?

まず説明する前にオススメのグリップの太さをご紹介します。

大きく分けて3種類のパターンがあり
ほぼそのどれかになります。

詳細説明は後述します。

パットでショートが多い人

・テーパーのあるグリップ
・細いグリップ
・軽いグリップ

パットでオーバーが多い人

・重いグリップ
・テーパーの無いグリップ
・太いグリップ

方向性が安定しない人

・ノンテーパーのグリップ
・太いグリップ

    -----スポンサードリンク-----

グリップのテーパーとは?

パターグリップのテーパーとはグリップの始まりが細く
グリップの終わりが太いタイプの事です。

一般的なアイアンやドライバーのグリップを
イメージしてもらえれば大丈夫です。

その逆のノンテーパーとはグリップ全体が
同一の太さでどこを握っても同じです。

パターグリップはルール上

「横断面に凸面がなく、左右対称でグリップの長さ全体にわたって概して同形であることを条件として、円形でない横断面を持つことができる」

と記載されており、円形ではない様々な形があります。

簡単に言うと凸凹してなく切ったら左右対称。

選ぶ際には必ず握ってみて
手にフィットする物を必ず選ぶようにしましょう。

安易にネットで購入してみたら
手に合わないといったことも十分有り得ます。

テーパーの有無による変化と特徴

それでは実際にテーパーがあるのと無いのでは
どういった特徴があるのかをご紹介します。

テーパー有りの場合(先が細いグリップ)

ヘッドに近い方の手の感覚がクラブに伝わり易く
しっかりとしたパッティングがしやすいのが特徴

ショート気味の方にはこのグリップが合っています。

その一方、手で打ってしまいオーバーしやすく
方向も出しにくいのも特徴です。

ある程度練習をしていれば距離感の出しやすい
グリップという事になります。

テーパー無しの場合(太さが同じグリップ)

先ほどのテーパー有りの時には
ヘッドに近い手が大きく影響しますが

テーパー無しの場合には
影響がかなり小さくなります。

そのおかげで方向性は非常に出しやすく
ショートパットは安定し易くなります。

その一方、手の感覚では打てないので
しっかりと肩でのストロークが必要になります。

その為、距離感は練習をしないと
ショートする事が多くなりやすいです。

グリップの重さにも注意

先ほどグリップのテーパーで
距離感の違いが生まれる説明をしました。

ではオーバー気味だからグリップを
テーパー無しすればいいのか?

という訳でありません。

グリップが重いとヘッドを軽く感じてしまい
ヘッド部分の操作が容易になってしまいます。(ヘッドが暴れる)

その分、距離感が出しやすくなりますが
ある程度、練習をしないとショートパットが多くなります。

逆にグリップが軽いとヘッドが重く感じられるので
ストロークは非常に安定しやすい反面
距離感が出しにくくなります。

その為、ショートしやすい人はグリップを軽い物に
オーバーが多い人はグリップを重めにするのがオススメです。

詳しくはこちらで紹介していますので参考にしてみてください。
パターグリップ「重さ」の違いによる特徴・距離感

オススメグリップの種類

ここに一部のパターグリップを紹介します。
クリックで該当ページに飛びますが、購入はしないでください。

あくまで参考程度に
どういった種類があるのか?
値段はどれぐらいなのか?

その判断に使ってください。

実際に購入するのは店舗をオススメします。
(もしくは店舗で試してからこちらで購入)

商品の最安値を確認する






スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)