パター「長さ」の違いによる特徴・距離感 詳細まとめ【ゴルフ初心者100切り】 

ゴルフにおいてパターの長さはかなり重要な要素になります。

一般的に販売されているのが34インチだからと言って

それが適正という訳ではありません。

外国の190cmの選手でも33インチを使用しているなど様々です。

他のパターの選び方はコチラ
パターの練習方法はコチラ

    -----スポンサードリンク-----

パターの長さの種類

panelimg

例を上げますとフィルミケルソンなどはかなり短いパター
一方のジョーダン・スピースはかなり長いパターを使用しています。

ちなみに身長は
フィルミケルソンが191cm
ジョーダン・スピース185cmです。

勿論様々な理由により長さが違います。

現状一般的に購入可能なパターの長さは32〜34です。
それ以外の長さは特注か取寄せ、もしくは中古品です。

ピン(メーカー)のパターに長さを変えられる
ギミックが搭載されており、長さの重要性が感じられます。

「ピン パター スコッツデールTR パター SHEA」
無題 (6)

商品の最安値を確認する






パターの長さによる影響

では長さでどのような影響がでるのか?

短いパターでは操作性があり長いパターでは操作性がありません。

その為。短いパターではヘッドが暴れ
方向性が良くない場合があります。

その代わりに芯で捉えられる確率は高くなり
距離感は安定し易くなります。

逆に長いパターでは操作性が無いので
ヘッド部分が安定し方向性が良くなります。

長い分、ボールに伝わるインパクトが強くなる為
玉の転がりが強く、繊細なタッチを出すことが難しくなります。

    -----スポンサードリンク-----

適正なパターの長さ

それでは実際にどのようなパターがいいのか?
適正なパターはどれなのか?を探っていきましょう。

身長では無く足の長さ

言葉は悪いですが短足な方と長い方で違います。
ちなみに自分は短足です。

こちらをご覧下さい。

2人同じ身長で腰の位置に赤い線を引いています。
無題 (7)

そのまま前傾すると高さが明らかに違う事が分かります。
1 (1)

1インチ = 2.54 センチメートルですので
これだけで2人が同じ長さのパター
という方がおかしいです。

腕の長さ

先程の図に腕の長さを足してみます。

Aさんは普通でBさんは少し長い腕です。

1 (2)

これですと両者同じ長さのパターでも問題ありません。

その為、何も握らずにアドレスをした位置
(実際にパターを構えた前提で)

その手の位置に合わせた長さが適正になります。

勿論長いパターを短く握るのも有りですが

2インチずらすとバランスが崩れます。

その為、適正な長さのパター選びが重要になります。

本当にそれだけでいいのか?

実は適正なのを選んだだけではダメです。

ここで気を付けて欲しいのが普段のパッティグです。

普段がショートが多い → 長めに変更
方向性が悪い → 長めに変更

オーバーが多い → 短めに変更

など様々な要因があります。

まとめ

パターは他のクラブと違い自分に合った
パターを探すのが難しいクラブです。

安易に購入するのでは無く、まずは情報を確認し
試打をしてから購入しましょう。

また初めてコースで使う場合には距離感が
確実に変わるので少し多めに練習しましょう。

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)