オススメの面白いゴルフ漫画『KING GOLF』

「KING GOLF」(キング ゴルフ)は週刊少年サンデー(小学館)にて
2008年36・37合併号から2011年46号まで連載し月刊誌
『週刊少年サンデー超』に移籍して2012年2月号から連載を再開した。

技術指導、監修は谷将貴。

    -----スポンサードリンク-----

あらすじ

主人公は、「プレデター」と呼ばれる最強最悪のケンカ屋。
その主人公の名前は優木蒼甫。

ある日「自分を蔑むような目で見た」という
若手天才ゴルファー「霞見ひかる」が所属する
ゴルフ部の谷川コーチに喧嘩を売ってしまい
さらにはゴルフなんざ簡単だと言い放つ。

そこで、「ゴルフをやってみれば難しさがわかる」と言われ
蒼甫は右手一本で250ヤード以上飛ばすと宣言。

クラブを借り、結果210ヤードほど飛ばした。
それ以来、球を打つ感触を「気持ちいい」と感じるようになり
ゴルフ部に入部する。

こうして蒼甫のいつかゴルフ界の王になる物語が始まった。

主要ストーリー

マッチプレー編

次の大会に出られない蒼甫はその間を有効に使う為
谷川の後輩がいるとある合宿に参加する事に。

しかしそこに居たのは幼い子供達がいるジュニアゴルフスクール。

自分より遥かに若い子供達に囲まれ不機嫌になりながらも
子供達は蒼甫よりも遥かに良いスコアを出してしまう。

納得のいかない蒼甫にコーチの加瀬は
ゴルフは考えてプレーする事も重要と話す。

考えを改めた蒼甫はアプローチの打ち方
距離の測り方、芝の読み方等
子供達からそれぞれ得意とする技術を学んでゆく。

何事もなく合宿が終わると思われた時
偶然蒼甫の合宿先でバイトしていた深町が
裏アマチュアの清澄とトラブルに
巻き込まれる場面に遭遇してしまう。

大金とプライドと夢を賭け
裏アマチュアとのマッチプレー勝負が始まる。

新人戦東関東地区予選編

マッチプレー勝負を制し一段と成長して帰ってきた蒼甫。

新人戦に向けて学校近くの練習場へと向かった先で
葉月学園の戸川と出会う。

金持ちを鼻にかける数々の発言に苛つき突っ掛かる蒼甫だが
戸川は蒼甫に興味すら持たなかった。

後日、葉月学園に乗り込んで戸川に
『50ヤードのアプローチ勝負』を挑む。

三球勝負勝負と決めたにも関わらず
蒼甫の打球を一球だけで見限り
勝負を打ち切ってしまう。

完全に見下され憤慨する蒼甫はリベンジを誓い
新人戦で戸川が出る第一登録に参加を決意。

悪天候の中で接戦を繰り広げる戸川と蒼甫は
因縁の「50ヤードアプローチ勝負」で決着を付ける事になる。

ドラコン編

戸川を降して新人戦を優勝した蒼甫だが
谷川から霞見にはまだ勝てないと判断される。
蒼甫が霞見に唯一勝っている武器である
飛距離を更に伸ばすべく紹介された練習場へ。

そこで出会ったのは『飛弾』という飛ばし屋集団。

自分の飛距離を軽々と超える打つ相手に
ヒヨコとバカにされてしまう。

特訓後ドラコンの大会に参加した蒼甫の前に現れたのは
ドラコン大会3連覇中の皇帝『瓜生明希葉』であった。

デモンストレーションですら
蒼甫の記録を軽々と超える瓜生に蒼甫は
お前に勝てる気がすると発言し周囲を敵に回してしまう。

瓜生に見下されていた選手達を奮起させる為
瓜生の発言をそのまま自分の発言として喋った
マイクパフォーマンスにより
観客と選手を敵に回しながらも蒼甫は皇帝に挑む。

蒼甫に向けられる会場が割れんばかりの怒号と罵倒。
そして期待と声援。
相反する声を背に受けて蒼甫が打ち出した打球の行方は。

    -----スポンサードリンク-----

実際に読んでみた感想

基本的には常識ハズレに近いショットなどの中
実際にプロの試合でもあるであろう小技などが
説明されており初心者から上級者まで楽しめる作品でした。

特に基本的な部分も多く描かれており
これからゴルフを始める人にも楽しめるかと思います。

最安値を検索

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)