初心者向けゴルフ右手のグリッププレッシャーを消す練習方法

ゴルフでドラコンコースだから飛ばそう・・・。

ここぞという場面での一打・・・。

人間はプレッシャーを感じると自然と
右手に(利き手)を強く握ります。

その結果、強く握った事により様々なミスショットを生むことになります。

そこで練習場でも出来る簡単な練習法をご紹介します。

    -----スポンサードリンク-----

利き手を反対の手に乗せる

ゴルフのスイングにおいて利き手の
動きは影響が非常に大きいです。

そこでやっていただきたいのが

左手はいつもどおりにクラブを握った後
右手をその左手を覆う形でグリップしてください
(拝むような形)

後はそのまま打つだけです。

右手はどうやっても使えない為
体全体を使った正しいスイングをする事が出来ます。

道具に頼る 右手ごろし

商品の説明

プロ発案、あなたの悪いクセを直す。ほとんどのアマチュアゴルファーの欠点である「利き手を強く握りすぎる」という悪いクセを矯正します。体重移動・軸回転がスムーズにいかない、手打ちになり方向性が悪く飛距離が伸びない、ダフリ・トップが出る等々アマチュアゴルファーの共通する悩みの原因の主役に「利き手を強く握りすぎる」があげられます。そこで、高橋鉱一プロが発案した「右手ごろし」を使うことで自然に右手が柔らかく使えるようになり、理想のスイングに近づきます。

ドラコンホールでのティーショットや、ベストスコアを更新するかもしれない大事なパット、見ているだけでも手に汗を握るだが、プレーヤーもついついグリップを握る手に力が入ってしまう。

ゴルフのスイングで手に力が入ってしまうのは、ほとんどの場合利き手になる。従って、利き手に力が入りすぎないように日ごろから練習しておくことが必要なのだ。

「右手ごろし」は利き手に力が入らないようにするための練習器具。グリップに装着することで、強制的に右手に力が入りにくいようにし、自然とリラックスした状態でスイングできるようになる。

結構面白い商品で装着もほんの数秒です。
右手のプレッシャーが強い人には
是非試してほしい商品のひとつです。

まとめ

クラブと唯一の接点であるのは手(グリップ)です。
そこが余計な動き(力)をすればするほどクラブの先端である
フェースへの影響は大きくなります。

正しいグリップと正しいプレッシャーを覚えて
ベストスコアを目指しましょう。

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)