脱100切り!!ドライバーでスライスが出る原因と修正方法 初心者が陥りやすいミス

ドライバーでスライスが出てしまうと言う方は多いと思います。

かく言う自分もゴルフを覚えたての最初の頃は左のOBから

右のOBに行くぐらいスライスが酷かったです。

そんなスライスですがしっかり理解出来れば修正は出来ます。

間違った状態で練習しても余計に酷くなります。

特に最初に勘違いし易いのが

アウトサイドイン軌道がスライスの原因だと思っている

ここではその原因を修正方法をご紹介していきますので
是非参考にしてみてください。

    -----スポンサードリンク-----

そもそもスライスは何故起きる?

ドライバー スライス

初心者の内はスライスが何故起きるのかを
理解していないと、余計に悪化してしまい
結果スイングの修正に時間が掛かってしまいます。

スライスというのは下の画像で
オレンジの矢印がそれに当たります。
ドライバー スライス

スライスとはフェースが開いている状態

右に行くからスライスでは無く右に曲がるのがスライスです。

スライスになる原因はインパクトのタイミングで
フェースが画像の様に開いている為に起きる現象です。
ドライバー スライス

ただ一概にフェースが開いていると言っても
様々な原因が考えられますので一つずつ確認していきましょう。

スライスには種類がある

一言でスライスと言っても実は数種類あります。

それにより修正しなくてはならないポイントを
絞り込む事が出来ますので確認してみてください。

プルスライス

ドライバー スライス

ストレートスライス

ドライバー スライス

プッシュスライス

ドライバー スライス

これら3つのスライスで違いは
クラブがどの軌道を通っているかです。

ドライバー スライス

最初にも述べました通り
アウトサイドイン軌道がスライスの原因だと思っている
そんな方は注意が必要です。

もし納得出来ない場合には練習場でスイングはいつも通り
フェースを閉じて打って見てください。

ドライバー スライス
*コースではやめましょう。

    -----スポンサードリンク-----

どういう時にフェースが開くか理解しよう

まずはどういった状態だとフェースが開くかを
理解する事が大事になります。

そこでアドレスをした状態でフェースを開く動きをしてみます。
*実際にスイングはしないので自宅でも確認が出来ます。

左脇を開けてみる(左肘を曲げる)

アドレスした状態から左脇を開くと
フェースが開くのが分かると思います。
ドライバー スライス

何故この状態になるかと言うと
左脇を開いた状態でクラブのフェースを返してみて下さい。
(フェースを閉じる動き)

恐らく全く返せない無いと思います。

これはクラブのフェースローテーションが出来ず
結果としてクラブフェースが開いた状態で
インパクトを迎える為スライスになります。

体を打球方向に移動(突っ込む)

クラブはその位置のまま体を打球する
方向(左)に移動してみてください。

ドライバー スライス

するとフェースがかなり開くと思います。

これは本来、体の中心であればインサイドインであっても
インパクト時はインサイドアウトになり
フェースローテーションする前にインパクトをしてしまいます。
ドライバー スライス

左肩を開く

クラブの位置を変えずに左肩(胸)を目標方向に
向けてみてください(開いてください)

ドライバー スライス

こちらも体が左に流れた場合と同様にかなり開くと思います。

初心者が陥りやすいスライスの原因は大体がこの3つです。
次に修正方法をご紹介していきます。

スライスの修正方法(アドレス)

修正方法にはいくつかあり
アドレスで直すか・スイングで直すかです。

基本的にはアドレスでほぼ決まると言われるゴルフですから
アドレスから直す方が確実です。

スイングを先に直そうとするとアドレスで
間違っている場合にはかなり修正に時間を要します。

グリップをストロングにする

アドレスした時に左手の拳の骨が何個見えるかで判断可能です。

2個:ウェークグリップ
3個:スクウェア
4個:ストロンググリップ

ドライバー スライス

握った状態でクラブをローテーション(ハンドルを切る動き)
して貰えば分かりますが稼動範囲が狭くなるのが分かると思います。
ドライバー スライス

これによりフェースの動きを抑え結果開きにくくなります。

前傾を維持する

カカト側に体重が乗った状態でスイングを行うと
スピンアウトという現象がおき
非常にスライスがおきやすいです。

これはクラブ軌道が極端にアウトサイドインになり
腰が引けてかなり大きな曲がりになりやすいです。

アドレスの特にはしっかり画像の
青色の部分で踏ん張るようにしましょう。
この時外側では無く内側に乗るとスウェーが抑えられます。

赤色の部分では先ほどのミスが出てしまいます。
ドライバー スライス

クローズスタンスで構える

フェースローテーションが遅れている人には
かなり効果が高いです。

ドライバー スライス

クローズスタンスの注意点として
通常のアドレスが完了してから右足を引く様にしましょう。

いきなりアドレスと同時に右足を引くと
肩のラインも崩れてしまい、結果として目標の右を
向いているのと同じ状態になってしまいます。

クローズスタンスは左側に壁が出来スウェーが減り
クラブのフェースローテーションが行い易くなり
肩の捻転もしやすい為、普段の練習でもしておくとオススメです。

両手のグリップの間隔を開ける

左から右手の間隔が広ければ広いほど
ローテションがスムーズになります。

一度、拳3個分ぐらい離して握り素振りをしてみてください。
するとヘッドが思いっきり返るのがわかると思います。

下の画像は左から
オーバーラッピング
インターロッキング
ベースボールです。
ドライバー スライス

他にも
ダブルオーバーラッピング
テンフィンガーと言った握り方も存在します。

女性の場合ですとベースボールぐらいにすると
飛距離も伸びる可能性がありますので試して見てください。

ボールの位置を確認する

アドレスでボールが右過ぎたり体に近すぎても
スライスの原因になります。

スイングの軌道が安定していて体の正面で打てている人は
ボールの位置を再確認してみましょう。

スライスの修正方法(スイング)

ここからはスイングでの修正点を上げていきます。

テイクバックで肩が入っていない

テイクバックでしっかり肩が入っていないと
結果スイングで体が開きスライスになりやすいです。

普段はドローだけど朝一や寒くなった時期に
なりやすいですのでしっかり体をほぐし
肩を入れるようにしましょう。

左肩が入りにくい方は右肩を引く動きをすれば
回りやすくなります。

体の中心で捉えるようにする

これは良く言われる事ですがイメージしにくいと思います。
しかしこれが出来ないとスウェーや手打ちなど
様々なミスに繋がります。

そこでオススメなのが足を完全に閉じてのスイングです。
これにより中心でしか捉えられないので効果があります。

他にもイメージとしては2mぐらいの長さの物を
振ると中心で捉えられていない場合には
かなり振り遅れを感じると思います。

まとめ

スライスは初心者なら誰もが通る道です。
ここで正しい対処方法を覚えておけば
その後の修正も容易になります。

是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)