【ゴルフスコアUP】パター簡単上達・練習方法 距離感編③まずはロングパットで全体の転がりを見よう

前回の記事からは実際にコースでの
パッティング練習の方法をメインに上げています。

前回は基準となるパットを作る方法
そして今回はロングパットの練習です。

ここで注意して欲しいのは
ショートパットをする前に
行うようにしましょう。

また、パターは手首等では無く肩で打つようにしましょう。

パターの距離感はまずこちらから
パター簡単上達・練習方法 距離感編①フォローは低く出そう

    -----スポンサードリンク-----

何故ロングパットから行うのか?

意外とやらない方が多いロングパットですが
ここを2パット以内に収められるかでスコアに大きく影響します。

そしてロングパットを行う事によるメリットとして
その日の最大距離の感覚が掴める点です。

ショートパットでは方向性が最も大事になりますが
ロングパットでは距離感が最も大事になります。

何故方向より距離が大事なのか

仮にカップまでが15m程あったとします。
%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

この時に方向は完璧だけ12mしか打てないと3mが残ります。
%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

では方向は関係無く逆にオーバー気味に打てたとしたら?
(最低限の方向性です)

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

画像の様に横にズレたとして距離が合っていれば
先ほどの3mよりも近い状態になりやすいです。

ロングパットはアプローチと同じで
ワンピン(2m)以内を目標にしましょう。

ロングパットの練習方法

他のプレーヤーの邪魔にならない範囲で打てる限り
グリーンの端から端まで打つ様にしましょう。

これが30yや50yのグリーンであれば同様に端から端です。
カラーの手前ぐらいを目標に打つようにします。
この時、左右のばらつきよりは距離感を重視して練習を行います。

以下に紹介する方法は全て最低3球ずつは行う様にしましょう。

練習その1 ボールを下手で投げてみる

yjimage-1

放物線を描くように投げるのでは無く
ボーリングの玉を転がすような
イメージで目標物に止めるつもりで投げて見てください。

この時、腕の振り幅のみで手首のスナップや
足を使ったりしないようにしましょう。

この時の振り幅のイメージとパターの振り幅は非常に似ています。

片山プロが良くこの動作をする事がありますので参考にしてみてください。
katahaya

ラウンド中にも出来るイメージ作りなので是非やってみて下さい。

練習その2 目を瞑って素振りをする

yjimage-2

意外かも知れませんがこの練習方法はかなり重要です。

一度目標物までの距離を確認したら
目を瞑り、頭の中でイメージした距離を
止まらずひたすら素振りを続けます。

イメージが固まってきたら実際に連続でボールを打ってみましょう。
この時、ボールの距離が全て安定していれば問題ありません。

イメージよりも転がらない場合には転がりを確認した上でもう一度やってみましょう。

練習その3 目標を見ながらパッティング

実際ラウンド中に行うプロがいる程です。

ただし注意して欲しいのがストロークが
安定して居ないと芯を外す恐れがあります。

しかしロングパットに自信が無い場合には一度やってみる事をオススメします。

やり方は簡単でアドレス後に目標を見ながら
素振りをし振り幅をイメージします。

振り幅が決まったら正式にアドレスを行い
素振り同様に目標を見ながらそのまま打ちます。

練習グリーンで何度か試してみて
シックリくるようでしたら
実際のラウンドでも取り入れてみましょう

練習道具

パット調整器具 ツアーレーザー 【日本製】

パット調整器具 ツアーレーザー 【日本製】

GOLF パター 練習用マット 3m くるくる巻ける スコアアップ 自宅

GOLF パター 練習用マット 3m くるくる巻ける スコアアップ 自宅

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す