【ゴルフスコアUP】パター簡単上達・練習方法 距離感編①フォローは低く出そう

前回までは芯で打つことに重点を当てました。

ここからはいよいよ本番で絶対に
必要になってくる距離感の練習方法です。

こちらもご覧下さい。
パター関連

    -----スポンサードリンク-----

フォローを低く出すとは?

パターにはロフト(角度)が約3〜4°付いています。
これは玉が芝に沈んでいるので、それを浮かす為です。

グリーン 沈む

グリーン 沈む

この角度を常に同じ状態で当てる為に
フォローを低く出す事が重要になります。

滑らせる・転がす

パターで玉を打つ際には玉を芝に滑らせて打つのでは無く
転がせるイメージを持つ方が良いです。

転がりが発生する事により方向や距離感が合いやすく
滑らせると少しの障害物により回転が悪くなってしまいます。

    -----スポンサードリンク-----

フォローが高いとどうなるのか

フォローが高くなる事によりいくつか弊害が出てきます。
特に打っているつもりなのに全然転がならない人は注意して頂きたいです。

フェースが開く=転がらない

一つ目がフェースのロフト(角度)が開く事により通常より転がらなくなってしまうことです。
image02

これにより高く上がってしまい(目では見えない程度)
着地地点の影響を強く受けてしまい結果として転がりが悪くなります。

フォローが高い=芯を外す可能性

パターの芯には手前・奥の中心以外に高さもあります。
画像の青色で囲んである部分は問題無い部分ですが
下の画像では芯を外して結果として歯で打ってしまっています。

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc

これでは芝の影響を大きく受け、更に玉に直進性が無い為
全然転がらないといった事になります。

フォローを低く出す練習方法

一番簡単な方法としては手の甲を
パターと一緒に送る様にする方法です。
(グリップによって異なります)

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc

自宅で行う場合には壁に寄り添った状態です。
フォロースルーを行い手の甲が壁にぶつかればOKです。

練習グリーン上の場合には知り合いにドライバーなどの
グリップ部分を手の甲が当たりそうな場所に構えてもらいましょう。

前回の記事でもご紹介しましたがテイクバック無しで転がす練習も効果があります。
【ゴルフスコアUP】パター簡単上達・練習方法③真っ直ぐ打ち出す

練習道具

RYOMAゴルフ パター練習器「Hairuはいるストローク

RYOMAゴルフ パター練習器「Hairuはいるストローク

EPSON(エプソン) ゴルフ上達支援システム M-Tracer For Golf パッティング解析機能付 MT500GP

EPSON(エプソン) ゴルフ上達支援システム M-Tracer For Golf パッティング解析機能付 MT500GP

ダイヤ(DAIYA) バランス調整鉛バランスプレート パター用 AS-417

ダイヤ(DAIYA) バランス調整鉛バランスプレート パター用 AS-417

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す