【ゴルフスコアUP】パター簡単上達・練習方法① 覚える順番が重要

今回はパターの上達法になります^^

コースで朝の練習等で見ていると
・真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打つ
・プロラインから入れる

など色々話をして居る人を見受けますが

ハッキリ言いますが

覚える順番が違います

yjimage

その覚える順番を間違えた事により結果修正箇所が
多くなってしまい結果パターが上達しません。

    -----スポンサードリンク-----

プロのパターの練習量は一般の人には無理ですが

ドライバーやショットの精度に比べれば

近づく事は可能です。

まずは18H×2パット=36パット以内
ある程度出来て来たら32パット以内は十分可能に
なってくると思います。

20パット台になるとアプローチの精度の話になってしまいますので
一般的なゴルファーであれば平均が32ぐらいを目標にしていくといいかと
思います。

さて自宅でパターの練習をされている人も
いると思います。

しかしその練習が本当にあっているのでしょうか。
実はその練習によりコースで合わない可能性もあります。

覚える順番

1)パターの芯で打つ練習(アドレスを作る練習)
putter-point

2)真っ直ぐ打つ練習

3)基本となる距離の練習

4)ラインの読み方

これが覚える順番になります。

では何故この順番なのか?

ということですが

まず芯を外している事により基本となる距離が確立されません。

つまり同じカップに対して距離もラインも毎回
変わってしまいかなり精度の低いパッティングに
なってしまします。

次回の記事はパターの芯で打つ練習(アドレスを作る練習)を
細かく説明していこうと思います。

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す