シャンクの原因と修正方法①〜ドローヒッター編〜

シャンクはコースで出ると通常のOBより酷い事に
なる可能性があります。
ですので実際コースで出てしまった場合の応急処置の方法も
踏まえて読んで頂ければと思います。

・フェードヒッター編

・共通編

説明はいらないと思いますがシャンクは
ネックに当たるショットの事を言います。
シャンクシャンクの原因と修正方法①〜フェードヒッター編〜

【ドローヒッターでシャンクが出る時の他のショット】
・打出しが明らかにプッシュアウト
・フェースが開いて当たりが非常に薄い
これらも出る方は今回の内容に当てはまる可能性が高いです。

【ドローヒッターでシャンクの出る原因と修正法】
・右膝が前に出る
恐らくこれが一番多いかと思います。
無題
*画像は上から見たもの
*矢印はクラブ軌道
画像の矢印で黄色が正しい軌道です。
しかしダウンスイングから右膝が前に出る
(緑色が膝とクラブの軌道)ことによって
クラブが極端にインサイドになってしまう
もしくはクラブ軌道が通常より外側に出てしまう為
結果シャンクとなる事があります。

右足が出る原因

・自分の体以上(ポテンシャル以上)のスイングをしている
これは飛距離を出そうなどの本来自分の力では出せないのに
出そうとした結果下半身が耐えられず結果右膝が前に出てしまいます。
【修正の仕方】
仮に練習場であればベタ足でのスイングがオススメです。
ベタ足ですと自分の力以上のスイングでは殆ど打てません。

コースであればスイングを直そうとすると他のショットにも
影響してしまうのでお薦めはしません。
【コースでの応急処置】
一番簡単なのはクローズスタンスにすることです。
右膝が前に出る事を前提と考えると応急処置としては
簡単かと思います。
次にオススメなのは足幅を少し閉じる。
これも理由としては同様です。

しかしアプローチなどの足を閉じるショットでも出る場合には
クローズスタンスの方がシャンクの可能性は非常に減ります。

スポンサードリンク

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す