これを守れば100切りはすぐそこ!!ティーショットの狙いを覚えてスコアアップ♪

100を切れない人で良くあるのが
ショットは良いけどOBだった・・・。

実はそれは狙いが間違っている可能性があります。

それを注意するだけでスコアは
急激に良くなってきます。

    -----スポンサードリンク-----

曲がる方向を確認しよう。

まず一番最初に知って欲しいのが
持ち玉がフェードなのかドローなのかです。

勿論プロではありませんので両方出る可能性もあります。

そこで練習場で出る玉を14球メモしてみてください。

ストレートを除いた玉の割合が
多い方が持ち玉だと考えて下さい。

ティッショットの狙いを理解しよう

よくスライスが出るから狙いを左にする。

そうすると肩のラインが崩れて引っ掛けが
出ると言った事がありますが
そもそも、普通に打てばスライスの人はスライスです。

なので余計な事は考えず打つことを心がけましょう。

ドライバーの飛距離=フェアウェイの端

結構、勘違いされている方が多いのですが
スライスを考慮して左のラフを向いている人がいます。

ゴルフ

これでは折角真っ直ぐ行った玉がラフで
逆玉が出たときは確実にOBになってしまいます。

ですので実際の狙いはこうです。

ゴルフ

先ほどの画像と見比べて貰えば分かるとおり
真っ直ぐ行ってもフェアウェイに行く所を狙いにしましょう。

これであれば大きなトラブルになることも少なく
スコアアップに繋がります。

    -----スポンサードリンク-----

縦の距離を理解しよう

狙いに関しては先ほど述べた通りですが
縦の距離を理解しておかなければなりません。

縦の距離とは、飛距離の事で
ウッド系であればランも含めた距離を覚えて下さい

例えば先ほどの画像でドライバーで
180y・230y・280yの人が
同じ目標にした場合にはこうなります。

ゴルフ

飛距離が230yの方だけ真っ直ぐに行った場合には
ラフに入ってしまう事がわかります。

ですので自分の飛距離を理解した上で
狙いを決めてティーショットを打つようにしましょう。

まとめ

ティーショットで折角いい当たりなのに
OBやラフではモチベーションも下がり
ゴルフも楽しく無くなります。

少しの注意でフェアウェイに
残る可能性があがりますので
是非参考にしてみてください。

【記事が参考になったらクリックお願いします♪】
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)